「仕事辞めたい」を英語で検索!国を跨いでも思いは同じ!?

仕事辞めたい」というのは日本の状況があまり良くないからだと考えてしまう人もいるでしょう。海外ではきっと事情が違うはずだと思って英語で検索してみると肩透かしを食らってしまうかもしれません。国を跨いでもやはり同じように仕事辞めたいと考えている人が多いことがわかります。
英語では仕事辞めたいはquit one’s jobとなります。実際に検索をしてみるとハウツー系のコラムが多数ヒットするでしょう。また、仕事辞めたい理由の典型例や仕事辞めたいときに使える理由についての英語のページが次々に現れてきます。ケーススタディをしているページも多数あり、海外でもいかにして仕事を辞めようと心に決める人が多いかが推察できるでしょう。
しかし、英語で検索して内容をよく吟味してみると日本とはやや違いがあるのに気づくかもしれません。日本で仕事を辞める人は仕事の辛さを原因にしている人がほとんどであり、検索結果としてもそのときの辞め方についてのアドバイスなどが多くなっています。ところが、英語で検索した場合にはそのようなブログもよく見つかるものの、もっと前向きなケースを想定しているケーススタディもよく見かけられます。よりよい生活を送るための転職を実現するためのステップとして仕事を辞めるという状況を想定したアドバイスが多いのは仕事に対する姿勢の違いが反映されていると言えるでしょう。もともと海外では転職を良いものと考える傾向もあるのが大きな影響を及ぼしています。

Article by Radford

It seems like this author has no description. Add your discription/bio at user profile or disable this widget in theme customizer if you dont want to use it.